主婦、ときどき絵描きです。海にかこまれた三浦半島のはじっこに住んでいます。
by suca82001
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ:Art( 7 )
LIGHT UP JAPAN
こんばんは。


アートディレクター 堂々穣さんが復興支援サイト、 LIGHT UP JAPANを立ち上げました。
私もお声をかけて頂き、イラストで参加させて頂きました。
他、素晴らしい作品がたくさんあり、心から気持ちが前向きになれるサイトです。

今の日本は被災地ばかりか、電気があり食べ物もある関東にいても人々の不安は日々消えません。
まずは物や食べ物が被災地に届くこと、原発事故の収束が前提ですが、きっとこれからは音楽やデザインといったものが被災した方や日本に住む私たちの心の癒しになってゆくと思います。


LIGHT UP JAPAN
http://prayfornippon.blogspot.com/


桜の蕾が膨らんできています。
昨日は私の友人に赤ちゃんが誕生しました。
日本の未来、みんなで支えて行きたい。そう思っています。


ps;

堂々さんには私の手描きで拙い絵を使っていただき心から感謝です。
きっかけをつくってくれた秋谷くんありがとう。
[PR]
by suca82001 | 2011-03-30 21:34 | Art
ありがとう。ブルーナ!
こんばんは。

私も息子も大好きな絵本「うさこちゃん」ことミッフィーの作者ディック・ブルーナが被災地の子どもたちのためにイラストとメッセージを送ってくれました。

私もがんばって毎日絵、描いてます。





以下、朝日新聞引用

96年には家族との死別をテーマに絵本「うさこちゃんのだいすきなおばあちゃん」を発表しており、その絵本でも涙を2粒描いた。「愛する人との別れは悲しいことです。でも『あなたの人生はこれからも続いていくんだよ』と伝えたかったのです」と、涙のわけを語っていた。
今回も2粒の涙で、ブルーナさんは日本の子どもたちに寄り添っている








a0130164_222125100.jpg

[PR]
by suca82001 | 2011-03-27 22:27 | Art
ある勝負師の言葉
ことばメモ

「勝つことが正義じゃないってことがわかった。」

これは20年間無敗であったという雀鬼桜井章一さんが言ったグっときた言葉の中のひとつ。ずっと勝ってきた人が言うんだから深いよ。最近の谷亮子に贈りたい。

ところでなんで麻雀?
いやいやひそかに昔から麻雀マスターを夢見ていた私。麻雀打てるおばさんになりたいという、まったく哲学のない漠然とした夢だったけど、最近になり麻雀熱が再びメラメラと燃え始めており、根っからの勝負師?な夫といろいろ麻雀、勝負について話す日々。
私はもともと負けず嫌いな性格。負けたくないばかりに勝負にでないという臆病な人生を送っているような…(でも自分のような人間が子供を作ったことはある意味勝負に出た感があるけど笑)。


「考えるんでなく、感じる」

という感性も原始的で好きだし、麻雀哲学が芸術的なものに達していると思った。
芸術的な勝負師ってゾクっとするものがあります…


って、とりあえずルール覚えよっと。
[PR]
by suca82001 | 2010-07-25 00:37 | Art
横須賀美術館 ブルーノ・ムナーリ展
こんばんは。今日は夏!といったお天気でしたね058.gif
我が家はひさしぶりに横須賀美術館に行ってきました。

a0130164_10552098.jpg


あんだけ楽しみにしていたオープン以来、その存在すら忘れていた…横須賀美術館でありますが、今回の企画展はブルーノ・ムナーリさんというグラフィックやプロダクトデザイン、絵本制作、子供のための造形教育などの分野で活躍されてたアーティストってことで親子で楽しんできましたよ!

展示室1には子供がさわって遊べるオブジェがたくさんあり、息子は展示室に入るなり天井からぶらさがっているタワシやらスポンジやらヒモやらのオブジェに飛びついてました。
私は視覚のみでコミュニケーションの可能性を表現したグラフィックがやはり興味ありで、中でも空想オブジェの設計図?みたいなのが1番おもしろかった。ありえない!って思う装置をわざわざ図面化していると思うんですけど、おちゃめです。

ムナーリさんは、人間が作り出してしまった大量の無機質な<機械>に対していろいろ考えていたようですね。プロダクトデザインについては勉強したこがないのでよくわからないけど、人間の役に立つためにつくったモノなのに、気がつくと機械に振り回されていることが多々あるわけで、それにギモンを感じたムナーリさんは、何をしたかというと「役にたたない機械」というのを作ったんですわ。
その機械、私はいりませんけどね…。

最後の展示室では絵本がたくさん。またもや子供が自由に読めるスペースがありました。
私は「木をかこう」「太陽をかこう」
という絵本が素敵だなあと思い(私もこの本でレッスンしたい)、息子がもう少し大きくなったらちょっと様子をみて購入してみようかなあ。

a0130164_0161397.jpga0130164_015411.jpg


とにかく、大人になってもユーモアと想像力を働かせるのってほんとに大事。これが失われると、便利さや機械に毒されるか、効率主義の味気ない人生になってしまうと思うのです。ムナーリさん、ありがとう027.gif



さて、ここからは余談ですが…

美術館に入ってからずっと不思議な鉄が響く音がなっていたのですが、その音も気になりついでに所蔵品展示コーナーに行ってみました。「鉄の響」という鉄でつくったと思われる太鼓や巨大なハープ?みたいのがたくさんあって、実際に音をならすことができるというのでなんとな〜く太鼓をたたいいたら、突然

「その太鼓は、ものすごいたくさんの音を秘めている」

とかなんとか、知らないおじさんが背後から話しかけてきた。
「もっとたたいてみて」っておじさんが言うんで、私が遠慮がちに力なくたたいていると

「なんでそうかなあっ!(怒)」

といってバチをとりあげ、ドンドンドンドンドーン!といきおいよく叩きはじめた。

私は一瞬「!!!」となったけど、「端と真ん中とでも音が違うしさ、ほらやってみてっ」っていうんで、私も同じようにいきおいよく叩いてみたら、そのおじさんは(ほらね〜)みたいな顔して、さらに(ほらもっと、もっとやってごらん)みたいな顔で側に立ってるんで、とりあえずおじさんが何処かへいくまで太鼓を叩いていたわけなんですが。

展示を見終わって、息子と一緒に先に出ていた夫に聞いてみたら、
「あ〜、そのおじさん、厘介にも「やってごらん!ほら、ほら!」ってすごい強要してたよ」と言っており、で結局その場では息子は頑に拒否して、そのうちおじさんがいなくなってからこっそりと太鼓を叩いてたっつー話で(ややウケ)。

きっとあのおじさんは作者の方なんだろうなあということになったのですが、自分の作品をちゃんと楽しんで欲しい!よろしく!という思いは伝わったなあ…みたいな。作り手と受け手の温度差の加減も大事よねと、なかなか勉強になりましたケド…。

a0130164_1191724.jpg

最後に。太鼓のおじさんこと原田和男さんの作品「キポス イホス庭・響」で遊ぶ息子。
ちゃんと楽しんでますよ〜と伝えたいです笑。


長くなりましたが…おつきあいいただき、おりがとうございます。
お近くの方は、なかなかよい展示だったので観にいってみてくださいね

いしまつ
[PR]
by suca82001 | 2010-07-11 01:21 | Art
葉山芸術祭へ 〜ハンモックのある生活〜
こんばんは。
みなさんGW楽しみました?
私は土曜日にスカ友のayaちんと
葉山芸術祭に行ってきました。

最初にayaちんのお友達、moeさんのハンモック展示Moelewa Hammock-Oraganic cotton&Hempを見に芦名へ。魚港のどんずまりまで車で行くと、かわいらしいブルーの小屋がありました。おじゃましまーす。
もともとは古民家なのでしっかりとした梁がくんであり、そこにハンモックがゆらゆら。んでもって早速試乗。きゃっほーい。

a0130164_21395053.jpg


お恥ずかしながら…でもいい写真でしょ?笑。
ところでみなさん、ハンモックって横方向に寝ぞべると安定して気持ちいいって知ってましたか?これは本当にらくちんですよ。私は知らなかったです。こんなにハンモックが素晴らしいのりものだったとは。

a0130164_21473278.jpg


奥のブルーのは琉球藍染めのハンモック、手前のハンモックは座るタイプのもので、これも楽しかったです。でもやっぱり頭まですっぽりできる方がいいかな〜。moeさんがいろんなくつろぎ方を教えてくれました。コットンや麻があって、値段も考えてた以上にお手頃で、8000円〜。おすすめはちょっと高価だけどオーガニックコットンのものだそうです。

いやあ、次に引っ越す時、あるいは家を建てる時は絶対にハンモックが吊るせる家がいい!!
人生の楽しみをひとつ教えてもらいました。

a0130164_2231810.jpg

15日はハンモック販売&ガレージセールもあるそうです。


次に向かったのは森戸神社手前にあるgriotというお店。モロッコ料理を頂きました。

a0130164_21541368.jpg


クスクスとトマトベースの煮込みランチとそば粉ワッフルのサンドイッチをオーダーして、ayaちんと半分こ。おいしいのはもちろんのこと、こりまたすごいボリュームでした。お茶やお料理にはいろんな珍しいスパイスがたくさん使ってあったので「これなんだろう〜」と興味津々のayaちん。一方私は「なんだろうね」と完全に受け流し(笑)食に走っていました。


a0130164_2224388.jpg


店内がとにかくかわいい。男性スタッフはモロッコの方だろうか…いや、モロッコに魅了され、モロッコ人のようになってしまった日本人かもしれない。とても親切にいろいろ教えて頂きました。
モロッコってアフリカ大陸なんだけど、どことなくヨーロッパの雰囲気もあってちょっと行ってみたくなった。そういえば雑誌の企画でUAがモロッコ行った旅行記があったような。探してみよっと。そしてこのお店にまた来たい!


帰りに定番!旭屋の葉山コロッケを20個購入。
途中、葉山の交通量の多さにイラつきはじめた私達。「葉山って憧れだよね〜。でも住むのは横須賀でいいよね…」とか「葉山ってcafe多くていいよね〜でも私は久里浜で近所のオッサンも来れるような喫茶店がやりたい」とか、結局スカ魂がメラメラと燃えてきてしまった。葉山と横須賀を比べる方がどうかしてるのだけど笑。


ayaちん、誘ってくれてありがとう〜。すごく楽しかったです003.gif
帰ってから家族にハンモックトークをしてたら、なんと実家にもハンモックがあることが判明!ちょっと探してみます〜
[PR]
by suca82001 | 2010-05-09 22:34 | Art
ジェーン・バーキンという人
先日図書館から暮らしの手帖4世紀40号を借りてきました。
特集記事のジェーン・バーキンへのインタビューがとてもおもしろかった!私はジェーン・バーキン、セルジュ・ゲンズブールらへんのカルチャーにまったく触れたことがないのだけど、ジェーン・バーキンの生き方はすごく魅力的だなあと思っています。
いわゆるセレブだけど、まったくそいういうきんきらきんとしたものを感じない。とてもピースだしアートな女性ですよね。彼女のように、セレブだからこそ目立って人権保護活動や活動家の支援をするような人が日本の女優さんにもいればなあと思う。日本だとバーキンと言えばエルメスなんでしょうかやっぱり…。この記事を読むと、何百万だかで買ったエルメスのバーキンをクローゼットに飾っちゃうような感性ってちょっと滑稽に思えてきます。

ところで彼女はティーンのころから男の服ばかり着ていて、心の部分でも男性的なものにあこがれていたんだそうで、そんなことばかり考えていたせいか体つきも男の子みたいになり胸も全然大きくならなかったらしい。これにはみょうに共鳴してしまった貧乳のいしまつです。てへ。
[PR]
by suca82001 | 2009-11-03 23:12 | Art
絵本「スイミー」の魅力
こんばんは。
読書の秋。みなさんどんな本読んでますか?
私は宮沢賢治などを読み返しています。

昨日は久しぶりに自分のショッピングに出かけ、子供が産まれてからお気に入りのジーンズを2本もはきつぶしてしまったので新しいLevisなんぞを購入。7年くらい着たラベンハムのキルティングジャケットもボロボロ(去年は擦りはげたパイピング部分をマジックで塗って着ていた…)になってしまったので思いきってこちらも新調しました!とても綺麗なブラウンです。
出費は痛いが、う〜ん!買い物気持ちいい〜あっはー!!

帰りに息子におみやげと思い絵本を選んでいると、懐かしい「スイミー」の絵本が目にとまりました。今読むと、なんて力強い話なんだろう!と感動。スイミーは広い海のさまざまな世界にふれながら孤独を乗り越え、最後はとっても強くたくましく成長しています。画も本当にすばらしい。即購入しました。
息子はトラックや船などのダイナミックなものも好きだけど、ちっこい魚や小石なんかも好きなのできっと気に入る!と思ったけれど、やっぱりスイミーもすぐに好きになってくれました。
物語の理解はまだ先ですけれど、スイミーみたく小さくても強くかしこく育ってほしいなあ…息子の名前に入れた「厘」という意味にも遠からず繋がっているようで、ちょっとスイミー、ぐっときました。

a0130164_22424085.jpg


もう一冊は「きりのなかのはりねずみ」というロシアのアニメーションが絵本になったもの。学生のころ映画館でこのアニメをみてちょっと変わっててインパクトがあったので、大人になってから絵本を買ったのでした。はりねずみがこぐまくんの家に行くまでのすったもんだのお話です。息子はこの絵本にでてくる「みみずく」が好きみたい。結構きもちわるいのだけど。星を指さすのも好きです。夜の絵が美しい絵本のひとつで、はりねずみの言葉づかいがとってもかわいらしいです。

ウチは大人の本も絵本も全部一緒の本棚にあって、2冊とも1歳半の子供には難しいと思うけど、いつも読んで欲しい本を彼自身に持ってきてもらうので時には赤ちゃん用のものもあるし、太宰の文庫本を「じゅぐじゅぐじゅぐ」とぶつぶつ言いながら自分で読んでいることもあります笑。
とりあえず本を身近に感じてくれているようではありますが。

あ、いまだ言葉は「いた」以外まったくしゃべりません!
遅いですねえこればっかりは。寡黙な男でのようで…015.gif
[PR]
by suca82001 | 2009-09-26 23:27 | Art


Twitter!!
Link
LIGHT UP JAPAN



↑イシマツも参加中の復興支援サイト。ポストカードの売り上げは全て東日本大震災義援金として寄付されます。

がんばっているNPO/NGOを応援するThink the Earth基金


Ryoco Otowa Journal
ロミロミセラピスト、Ryoちゃんのブログ。

Peaceful stroll of PEANUTS
羊毛作家、まめ姉のブログ。

SURF or DIE
ウェットスーツ職人、YOKKIさんのHP。

KOTARO AKIYA PHOTOGRAPHS
フォトグラファー、秋谷弘太郎氏のHP。

三浦半島における放射線情報 (tokokのブログ)
三浦半島、その他身近な食品の放射性物質の濃度を検査してくださっている先生のブログ。

政治家フジノの活動日記
横須賀市議会員 藤野英明さんのブログ。

AMNESTY INTERNATIONAL 日本

お願いちゃんねる
黒柳徹子さんのほうのユニセフ募金。



最新の記事
「贈りモノ展」参加します。
at 2014-01-15 22:50
candle night.
at 2012-06-17 01:50
オリジナルTシャツ。
at 2012-04-13 16:55
ラチとらいおんの手提げです。
at 2012-02-14 23:57
シアバター入りハンドクリーム..
at 2012-02-09 11:33
2012★
at 2012-01-01 00:51
息子と幼稚園
at 2011-10-23 02:51
十二指腸潰瘍、腸炎の治療に効..
at 2011-10-09 15:22
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧